葬儀参列者の席

川崎でも新しい葬儀に対応するところが増えている

人々のライフスタイルが多様化している現在では、葬儀の形もさまざまな新しいスタイルのものが出てきています。一般的には、葬式には故人の親族や家族、友人や生前の職場の方などが故人を偲んで集いますが、そういった葬式やお通夜などを取り行わない直葬というものもあります。お葬式は参列者が多くなればなるほど規模も大きくなりますから、そうなると費用が気になる方も多いでしょう。最近では家族のみで取り行う家族葬と呼ばれる小規模なお葬式も注目を集めており、川崎の斎場や葬儀会社でも積極的に進めています。生前の故人の意向を現した新しい葬儀スタイルとしては自然葬や自由葬と呼ばれるものがあります。自由葬は、生前故人が好きだった音楽を終始かけるなど自由な演出で進行されていく葬儀スタイルです。自然葬とは、遺骨を海や山などの自然に解き放ち、そこで葬式を行うというスタイルです。川崎だけでなくこれまでは、葬式の準備は遺された者が中心となって取り行うというものが主流でしたが、終活が注目を集めるようになり、生前から自分自身の葬儀のスタイルについて強い関心を持つ人も増えました。もし亡くなられた方がそのような意識をお持ちでしたら、ぜひとも尊重してあげないといけません。川崎の葬儀会社で希望の条件に応えてくれるところを探しましょう。

トピックス

  • 川崎で小規模な葬儀を終活プランに取り入れるなら家族葬がおすすめ

    自分の葬儀まで生前からプラン立てしておけば、残された家族の負担も少なくて済みます。故人の意向が全く分からないと、葬儀の規模や墓の準備なども迷うことが多く、残された人たちは少なからず重荷を感じてしまうでしょう。そのようなことを防ぐために、昨今は生…

    MORE

  • 川崎で葬儀をするならまずはスタイルについて知ろう

    最近では葬式のスタイルが多様化していることはご存知でしょうか。全国に斎場や葬式を取り行う専門業者はありますが、業者によって取り扱っている葬式のスタイルが異なります。川崎も例外ではなく、斎場や専門業者によって取り扱っている葬儀のスタイルも異なりま…

    MORE

TOP